いよいよ

2010/11/10 15:41

画像-0437.jpg
マンガの1コマの内容です。「ラフティングでもそーなんだよ!!」と一人で叫んでしまいました。
ラインの共有は慣れたら簡単ですが、ターンのイメージをみんなで共有するのは本当に難しいです。それをパドリングで表現するのもさらに難しい。それをチーム全員でシンクロさせていかなければいけない。
しかしこれがビシッと決まるとかなり気持ちいい!!
自分で「速え~!!」と思ったときに、他のメンバーも「速え~!!」と思っていれば完璧。
それが徐々に出来るようになって慣れてきたら次の速さを求める。この繰り返し。
ターンの種類も増やしていろいろなゲートセットに対応させていくんです。
これは僕の中でのラフティングの魅力のひとつです。
そしてそれを発揮するのがレースの日。
そうです!!御岳カップです!!
いよいよです!!
ラフティングプランナーの柴田氏も鼻息を荒くしてもう既に御岳で皆さんの会場入りを待っているそうです。
明日からテイケイは御岳入りしてしっかり調整していきます。
みんな大吾さんを応援しています。セバスチャンガンバ!!

1 Comment

  1. daigo
    2010/11/09

    ふんふんふんふんふーん。
    鼻息がとまらへん。昨晩から。
    ありがとう。
    ええレースにしましょう!!
    セバスチャンを知ってるとは、なかなかやりますね。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.