こんばんは、八木澤慶太です。
冬季オリンピックがなかなか盛り上がってますね。いつもと比べて盛り上がっているのかどうかはわかりませんが・・。
なにせ日本のテレビで冬季オリンピックを観戦するのは、何年ぶり?という感じなので。
海外にいると、テレビでもちろんオリンピックは見れるのですが当然その国の選手が中心となった報道なので、日本の選手の活躍はあまり見ることは出来ません。
ですから日本でみるオリンピックというのはやはり面白いです。
そんな中で注目度が高かった女子モーグルが終了しました。
上村愛子選手は惜しくも4位。彼女には今回メダルを取って欲しいなと思っていたのでとても残念でした。決勝でスタートラインに立ったときの彼女の表情がとても印象に残りました。
そして、なんといっても里谷多英選手の決勝での滑りは凄かった!
最後には転倒してしまいましたが、第一エアーから第二エアーまでのコブ斜面を猛スピードで果敢に滑っていった姿には、彼女の本当の’強さ’みたいものを感じました。
かっこよかった。ちょっと感動しました。
上村選手も里谷選手もそれぞれの結果をどう受け止めているのかは、本人にしか分からないと思いますが、オリンピック本当お疲れ様でした。と言いたいですね。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.