おはようございます。八木澤慶太です。
昨夜、第一回みなかみX-TREMEが行なわれた群馬県水上から帰ってきました。
今回のレースは、レース中に大音響で音楽がガンガン鳴っていたり、さらにレース実況をするMCがいたりと、まるで海外でレースを行なっているような雰囲気でした。
僕が初めてレースをしたのは、オーストラリアのタスマニアだったのですが、その時のレース 310-231 の雰囲気にとても似ていたので、なんだか懐かしい感じがしました。
楽しいレースでした。他の参加チームの人達もその雰囲気を楽しんでいたようでした。
大会関係者の方々にとって、このようなレースの準備をするのには大変な苦労があったと思います。みなさん、お疲れ様でした。そして有難うございました。楽しいレースでした!
それと今回、水上で久しぶりに会ったという人達が何人かいました。以前オーストラリアのケアンズで一緒に仕事していたガイド達です。日本人だったりキウイだったり。その中の1人。僕にラフティングを教えてくれたキャニオンズのTetsuさんとは約12年ぶ 9L0-837 りの再会でした。元気そうでなによりでした。
そして昨晩、平塚の自宅に帰宅して、やく1週間ぶりに家族に会ったわけですが、3歳の息子は僕の顔を見るなり、笑いながら僕のほうへ走ってきました。
てっきり、抱きついてくるもんだと思っていたら、なんと僕の頬に平手ビンタ・・。しかも単発ではなく約10連発!3歳の力とはいえスナッピーなビンタなので結構痛い!
痛いので途中からガードしましたが、彼はそのガードを片手で払いつつ、さらにもう片手でビンタを繰り出してきます。最後のほうには僕もさすがちょっとムカつき、応戦しはじめ、しばらくビンタ合戦となりました。
3分くらいの戦いのあと、彼はようやく落ち着いたようで、ケラケラ機嫌良く笑っていました。
うーん。なかなか難しい年頃にさしかかってきたのかもしれません。
チームは明後日から四国遠征です。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.