リバーフェイス(四国の女の子達)、テイケイ(真っ赤なヤツ)の順
1本目 2:29:00 1ペナルティ

新潟OB、リバーフェイス、テイケイの順
2本目 2:28:37 ノーペナルティ 

 
5番ゲート手前で落ちそーになった~あぶなかった・・・(3:49頃)
9番ゲートから10番ゲートに行く途中のフェリーでのポイント(右岸から左岸に渡る場合)
ストリームインする場所
(基本は波の谷間に入る、谷間に入るとサーフィンのようにスムーズに移動できる)
ストリームインする角度
(上流側に角度がきつい(2時以上)状態で入るとバウが落とされにくいが横移動の力が弱くなる)
(上流側に角度が浅い(2時以下)状態で入るとバウが落とされやすくなる、横移動の力もなくなってしまう場合もある)
ストリームインする時の慣性⇒感覚が大切
(左回転慣性が強いままストリームインするとバウが下流に落とされにくいが横移動の力が弱くなる)
(右回転慣性が強いままストリームインするとバウが下流に落とされやすくなる、横移動の力もなくなってしまう場合もある)
チームの技量によって丁度良い塩梅が異なる。
踏み切り
(ストリームインする直前に1~3パドルダメ押しならぬダメ漕ぎ?フルパワー、フルストローク、ファイト一発、のフォワードが踏み切り)
(スピードをつけるため)
(踏切までのライン、角度によって異なるが、角度とベクトルが同じ状態でストリームインをするのであれば全員が同じタイミングと力で踏み切る)
(踏切までのライン、角度によって異なるが左回転慣性の状態でストリームインをするのであれば右側のメンバーが強めに踏み切る)
(踏切までのライン、角度によって異なるが右回転慣性の状態でストリームインをするのであれば左側のメンバーが強めに踏み切る)
ストリームインする時のスピード
(強い流れや漕ぎ上がりのフェリーであればスピードが必要、ストリームインの手前でダッシュするぐらいの気持ちでいくとかなりグッド)
リーン
(ボートの重心移動でボートの左側を少し浮かす)
(ボートの中で人が左右前後ろに移動する事によってボートの重心が変わる)
(ボートが流れに引っかからない為)
(水面の流れがボートの裏をスムーズに流れるような感じ?)
パッション
情熱を持って右岸から左岸に渡る

1 Comment

  1. osho
    2010/04/18

    達也をこれからラフト界の小田さんと呼びます。
    素晴らしい解説です。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.