最近テレビをリアルタイムで見る機会が減ってきました。バラエティーやドラマは録画で見て、スポーツは生放送で楽しむ。そういう人が増えているそうです。録画で見るときはコマーシャルを飛ばしてみることも多いかと思います。

そうなると、テレビにコマーシャルを打つ企業は、確実に視聴者の目に届くよう、リアルタイムで見るスポーツにコマーシャルを出すようになります。スポーツの価値が高まりつつあります。

近頃ニュースを見るとオリンピック関連施設の規模縮小というのを目にします。大会後の維持管理のことを考えると納得できる部分もありますが、もう少し前向きに話が進まないかとも思います。スポーツの価値をもう一度見直し、選手ファーストの大会であってほしいと思います。

スポーツを職業としている身としても、生活におけるスポーツの位置づけを高くできるよう、まずはラフティングのレジャー以外の価値を探していこうと思います。

吉永浩亮