夏の疲労も出てきた今日この頃。
今週はチーム練習を1部練にして午後は調整、各自ジム 117-101やマッサージに行ったりしてます。
すでに早い動きを入れてきているのですが
ダッシュはどうしてもカラダにキレが無いといい感覚が入ってきません。
そのためには一度しっかりメンテナンスする時間をとる必要があります。
もちろん日頃から心がけていればある程度いいコンディションを保つことが出来るのですが
経験の少ない選手たちにとってはきつい時期になります。
僕も入って3年間くらいはこの時期からひどい腰痛に悩んでいました。
それがこのブログでも何回も書いている「初動負荷トレーニング」を始めてからは
ほとんど腰痛が出なくなりました。
今日もジムに行ってきたのですがここに来てカラダの感覚がまた上がって来ています。
32歳まだまだ無限の可能性があるなと実感。
凄くいい状態なので漕いでいてもいい感覚です。
ジムに行ける時はいいのですがいけないときにはセルフメンテナンスします。
そこで登場するのがストレッチポールと腹筋ローラー。
201108221800000.jpg
ストレッチポールは今シーズンからローラーはここ2ヶ月くら Cisco Braindumps い使っています。
カラダを緩めるのにストレッチポールは凄くいい。
これを使い始めてからジムで最初から動きを出していくことが出来るようになりました。
ローラーは体幹部分(特に肩甲骨周辺と股関節前部)を全体的に繋げるイメージで使ってます。
何がどういいのかはまだちょっと説明できないのですが
ここのところ漕ぎが少し変わったのはこのおかげではないかと思っています。
ちょっとマニアックな話になりましたがご参考までに・・・。
志高く
池田拓也

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.