今シーズン終了

2010/11/15 02:42

おはようございます、八木澤慶太です。
昨日、東京の多摩川上流で御岳CUPが行なわれ、それが今シーズン最後のレースとなりました。4人制の大会で、参加チームも30チーム以上で、地元消防士のチームや、スラロームカヤックのチームが参戦したりとと大変な盛り上がりでした。
日本の男女トップクラスのカヤックスラローマー達がチームを組んでラフティングの大会に参加するという、国内では間違いなくトップレベルの大会となりました。
チームテイケイは7月の4人制のオランダ世界大会後、新メンバーを加え、ポジションも変えて6人制で10月までレースに臨み、そして今回また4人制のレースとなりました。
今回のレースではキャプテンのタクヤが抜け、今月から選手となったサトピーを加入、ポジションも世界大会とは変えて挑みました。
メンバーが1人でも異なれば、さらにポジションが違うとそれは全くの別のチームとなります。
色々な意味でとても緊張感のあったレースとなりました。
結果はスラローマーのチームにスプリントでは僅差の勝利。スラロームでは僅差の敗北となりました。それにより総合ポイントでも、スラロームの比重が高いため、敗北。
今レースでは、スプリントでもスラロームでも今回のチームのベストに近いパフォーマンスを出すことが出来ました。それで結果は負け。結果には満足できないが、その内容には納得という感じでした。
逆にオランダ世界大会では、チームのベストパフォーマンスは出来なかったが結果は優勝。こちらは内容には不満足でしたが、結果には満足という感じ。
レベルの高いレースでは、ベストを出してようやく勝てるようでは、最終的に勝つのは難しい。
8割くらいの出来でも勝てるくらいのレベルまで自分達を上げる必要があります。
今シーズン最後のレースでこういう経験を得られた僕達は運がいい。
スラローマーをはじめ、参加チームのみなさん。大会運営のみなさん。
ありがとうございました!!

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.