池田 拓也

大きな差

2009/10/15 23:30

毎日練習していますが、毎日いろいろな発見がある。
漕ぎ方一つでも上手の位置、手首・ひじの角度、かわし動作などなど。
チェック項目は無数にある。
最近のMy注意点
1、上手(うわて)の位置→出来るだけ高くさらにかわして。
2、下手のかわしと手首の角度→逆手で握るくらい肩甲骨からかわすのと手首を立てること。
3、入水位置→出来るだけボートから遠くでも真っ直ぐ引ける範囲。
4、ストローク中のパドルの角度→出来るだけネガティブにならないように。
以上が静水を漕ぐ時に今気をつけてること。
流水ではまたちょっと違う。
特に人工コースではちょっとしたミスが大きなタイムロスになるので
冷静に的確なパドリングを心がけている。
毎日の練習の中でどれくらい細かいところまで意識しているか。
レースの時、さまざまな状況に無意識に反応できるようになるために必要なことだと思う。
小さなことが大きな差になる。
今日でオランダでの練習を打ち上げ明日ドイツへ。。
土曜日曜でユーロカップに参戦。
R4での初の国際試合。
楽しみ也。
志高く
池田拓也

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.