水面をグリップ

2011/05/01 17:50

冬の寒さも弱くなり体も良く動いて、冬の間パワーもつけて体も一回り大きくなってる時期です。
今年新加入のチームメイトの陽進君は血管浮きまくりでいつの間にか体型が変わっています。
それでこの時期注意したいのが、パワーに頼りすぎて漕がない事がとても大切に感じます。
パワーで漕ぐ→とても漕いでる気分になり気持ちいい→だけどボートが進んでいない→よく見るとパドルが空転してる→でも漕ぎたい、となりがちなのです。ありがちありがち。
イメージしやすいのが、車、バイク、自転車でいうと唯一路面と接地しているタイヤが空転してしまい通常の運転ではコントロールを失ってスリップする様な感じ。ラフトでも同じような事が起こるような感じがするのです。
たまに横スライドしながら進んでるチームいますよね?たぶんそれだと思います。
みんなが使っているgalasport、bracsaなどのカーボンでできたパドルは水を効率よく掴むようにできているのでパドル自体は軽いのですがブレードにかかる水はかなり重いはずで。
有り余ったパワーを水にぶつけてしまい、ドリフトしている車のタイヤのようにパドルも空転してボートコントロールを失う。
すごい漕いでて進んでいるのであればオッケーだと思いますが、進んでないとそうなってる可能性が大きいと思います。
最新のスポーツカーやスポーツバイクはとんでもないパワーを持っていますが、熟練のドライバーでなくてもある程度コンピューターが状況に応じてエンジンのパワーをコントロールしてくれるのでスピンしたり転んだりし難くなっているようです。
かたよりすぎちゃだめなんですな。
自分はF1の中継を観戦するのが好きです。F1見ると次の日もやってやるぜってなります!
だから深夜まで目をこすりながら応援してますよ。
いつもラフトではF1で走っている車の左前タイヤになった気持ちで漕いでます!?。
タイヤはグリップ力、耐久性、温度が命です!!
タイヤは熱くても冷めていてもスピンします。 
power management taisetsu!!
20110325lotus001_l.jpg
tumblr_lim19j34T91qaqzdjo1_400.jpg
シューマッハも応援している!
imga29f73cczik8zj.jpg
フェラーリも!!
firef1.jpg
11Z20110325TTAPT00838G30000.jpg
感動だ!!

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.