絶対テイケイ

2010/09/01 18:14

こちらはカメラマンのKASHIWAKURAさんが撮って編集した動画です。
遊びでひっくり返した映像とレースの時の映像をくっつけて出来上がったものです。
どうぞお楽しみください。
今四国の吉野川に来ています。
先週は和歌山県の北山川です。
吉野川では今年の世界大会で優勝した日本代表の女子チームがいます。
みんなはそれぞれ違う仕事をしながら早朝の5時に集まり練習をし、終わったらそのまま仕事に行き、仕事が終わったら各自でカヌーを漕いだりというような選手生活をしています。
練習も週6日のペースでやってるみたいです。
これほどラフティングの練習をして国内のレースを戦い続けているのは日本ではテイケイと女子チームの「ザ・リバーフェイス」だけです。国内の大会でもこの2チームが飛び抜けた成績が続いています。
国内全体のレベルは上がってきていると思いますが、このままでいけば男子、女子共に1位と2位との差は開くばかりだと思います。
今年参加した「日本リバーベンチャー選手権」のようにテイケイはオープン参加。
このままだと来年はリバーフェイスもオープン参加になっちゃうんじゃないかな?
なぜオープン参加だったのかよくわからなかったのですが、
学生中心の大会だから。かな?
大会に出ればきっとテイケイが勝ってしまうから。かな?
悪く言えばテイケイが勝っても面白くないから。じゃないかな。
今年の国内での大会は今のところテイケイ優勝雰囲気が続いています。
これはすごいことかもしれません。
これが世界大会ならなおさら。
でもこれでは日本でレースラフティングを普及させていく役目としてはだめだと思う。
何とかしなければ。
と、今は思っているだけで申し訳御座いません。

6 Comments

  1. yuka
    2010/09/01

    爽快!!!!!!!!!何回でも観ちゃいます~

  2. 匿名希望
    2010/09/02

    そりゃ勝って当たり前じゃないですか?
    プロ野球チームが甲子園で、学生相手に野球やるようなもんだし。
    学生をなめんな。リバベンだって空気読んだら普通出ないですよね。今のままでは、レースラフティングの普及どころか、衰退していくばかりでしょう。ジャパンカップもテイケイだけでやったらいいのでは?と思うくらいこのブログに腹が立ちました。 

  3. メタボ
    2010/09/02

    なぜ腹が立つのか解りません?
    反対に学生がプロと試合が出来てより多くのことを学べるチャンスだと思うけどなあ~
    学生は結果も大事だけどその大会で何を学び、どれだけ成長する経験が出来るのかが一番大事だと思います!!
    その積み重ねを果てしなく継続した先に居るのが【世界一テイケイ】なんじゃないかな。

  4. me
    2010/09/03

    考え方は人それぞれ、ですがリバベンが日本最強決定戦と謳っている以上、プロを含め全てのチームに参加資格が与えられるのが普通じゃないでしょうか。
    学生のみで楽しみたい、もしくは学生限定での勝負がしたいのなら、最初からそういう大会にすればいいのではと思います。

  5. アンノン
    2010/09/03

    ブログへのコメントは名前を出そう(ハートマーク)

  6. TAKUYA
    2010/09/04

    大切なことは何を目指しているか。
    結果も大事ですがその先に見据えているものがどれだけ大きいのかが大切です。
    日本一、世界一なんてただの結果。
    もっと大切なものがあります。
    そういうことを学んで欲しいな。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.