興奮と大会情報

Posted by on 9月 30, 2017

いよいよ、世界大会が迫ってきました。3日後の10月3日から公式練習が始まります。 海外チームも続々と吉野川入りし、練習する姿を見かけます。海外チームと触れると2年前のインドネシア大会のことを思い出し、またあの舞台に立てる […]

心の中にアントニオ猪木。

Posted by on 9月 12, 2017

「出る前に負けること考えるバカいるかよ」 アントニオ猪木 僕の好きな言葉です。 失敗したらどうしよう、負けたらどうしようと弱気に考えてしまう時にこの言葉を思い出します。 1990年2月10日 新日本プロレス東京ドーム大会 […]

初心

Posted by on 8月 17, 2017

久しぶりの投稿になります。 今日久々に懸垂をしました。すると、最後のセットで手の皮が2箇所むけました。今年の冬に懸垂を始めた時は毎回の様にむけていたのですが、1ヶ月近く続けていると皮が硬くなりむけることもなくなっていまし […]

肩と耳の位置をそろえる

Posted by on 7月 5, 2017

最近、「頭の振れ」について考えています。 鳥取合宿中、初動負荷トレーニングの小山先生に湖山池でスタートダッシュを見ていだだく機会がありました。そこで指摘されたのが、「頭の振れ」でした。 パドルの入水よりも先に頭が倒れ、腰 […]

ダヤックという船

Posted by on 6月 20, 2017

ヨーロッパ遠征も最終日です。3週間、毎週末のレース、長く濃い遠征になりました。 今回はボスニアヘルツェゴビナで体験した「ダヤック」と言う船について書きます。このダヤックはdajakと書き、木製のボートの最後尾から木の長い […]

ボスニアヘルツェゴビナ

Posted by on 6月 7, 2017

現在、ボスニアヘルツェゴビナに来ています。チェコから10時間、オーストリア、スロベニア、クロアチアを陸路で通りボスニアに着きました。 2009年の世界大会の開催国であり、2015年インドネシア世界大会で僕らがH2H初戦で […]

ボート意識

Posted by on 4月 28, 2017

最近、とても大きな気付きがありました。 それは何を意識しながら漕ぐか、ということです。自分なのか、パドルなのか、ボートなのか。 一番大切にするべきはボートだと考えるようになりました。 ラフティングはボートをいかに早くゴー […]

早めに深く

Posted by on 4月 14, 2017

前回のブログで冬の練習メニューを書いていたら、もうすっかり春になってしまいました。現在宿泊している御岳a-yardの窓からは、薄い色の桜の木が満開に咲いているのが見えます。   ここ最近、自分のポジション(後ろ […]

冬の練習メニュー

Posted by on 3月 28, 2017

冬の間僕たちが行ってきた練習をご紹介します。と言っても、主に漕ぎ込みですが。 ・12月 漕ぎ込み とにかく量を漕ぐことを意識しました。1周25分のコースを1日5〜7往復。ピッチはだいたい30〜33。 後ろの人はコントロー […]

前漕ぎで最近意識していること

Posted by on 3月 17, 2017

前漕ぎで最近意識していること ・大きく、強く+『速く』 ・重心を低く ・パドルを前に抜く ・引くではなく行く ・一瞬で終わらせて、リカバリーで楽する ・回すではなく、船を出す ・1ストローク1ストローク加速させていく ・ […]

Load More